水道が故障した

水道の故障はできる限り迅速に対応することが大切

賃貸物件でよく発生するトラブルの1つが水道の故障です。その中でも多いのは水漏れ関係。蛇口を閉めても水が止まらない、ハンドルや水道管から水漏れするなどはよく聞かれます。また、洗濯機の排水がうまくいかず水があふれるなどのトラブルも。水道の故障の怖いところは、自室だけでなくほかの部屋にも被害が広がる可能性があること。もし2階以上の部屋で水が漏れ続けると床下にしみ出し、階下にまで水が到達してしまうかもしれません。下の階の天井・床・壁などのほか、家具・家電など家財に被害を与える恐れもあります。自分だけの問題でなくなるとさらにトラブルが大きく複雑になってしまいます。水道の故障が発生したら速やかな対応が必要です。

管理会社や大家さんに連絡し?がらなければ直接水道業者へ依頼

水道が故障したときまず始めに連絡すべきなのは物件の管理会社か大家さんのところです。水道は賃貸物件に付随した設備なので、まずは物件の管理先で連絡しましょう。管理先でいつも依頼している水道業者などがあれば修理の依頼などもスムーズに行われるはずです。ただし、例えば夜遅くや休日など、故障のタイミングによっては管理先に連絡がつながらない場合も。そのようなときには、自分で水道業者を手配するのも1つです。連絡がとれるまで待っていたら被害がどんどん広がってしまうようなケースもあります。賃貸物件の契約時の書類に水道トラブルで困ったときのために修理業者などが記載されていることも。業者に修理してもらったら、後日修理代金を管理先に請求できるよう、故障の原因をしっかり特定してもらうことも忘れないでください。